タグ
    過去の記事

暮らしの風景を描くこと

Home » Blog » 暮らしの風景を描くこと

2019年7月11日

地面にへばりつき、下草を植えているのは…
私です^ ^

インテリアに加えてガーデンの仕事をするようになって10年以上でしょうか…
decono庭(マイガーデンをそう呼んでいますw)を見て、お客様がご依頼くださったことがきっかけで、多くのお庭作りに参加させてもらいました。
勿論、私などより植物に詳しいガーデナーの方は沢山いらっしゃるでしょう^^;
でもMonDecoにご依頼下さる理由は、一年中花に溢れる庭を〜とか、寄せ植えやバラを上手に仕立てて欲しい~とかではないのです。

庭を居住スペースの一部として、そこに相応しい暮らしの風景を描くこと。そして愉しみながら維持できること。が一番優先されます。

インテリアコーディネーターとしての目線や感性を活かした空間づくりの延長なのです。

庭のデザインがインテリアデザインと決定的に違うのは、図面や仕様に書いただけでは完成しないところ。
「ここにこんな樹木を植えて、株元にはこんな下草を入れましょう」と決めても、植物には個体差があり、季節によって市場に出回るものも違います。なので、現場でレイアウトを見直したり、スタイリングで調整したりするのです。成長した数年後のお庭を想像しながら…

ガーデニングが趣味の方であれば、器用に剪定されたり、お気に入りを見つけてご自身で植え替えたりされますが、
Mon Decoのお客様は、新築されてお庭を持つのは初めて…とか、庭をリノベしたいけれど、どうしたら良いかわからない…というような方が多く、細部はお任せ頂くのがほとんど。
なので余計に、お客様のご期待に応えたい!喜んで頂きたい!という想いになります。

職人さんからしたら細かくて面倒な部分もあるでしょう^^;でも現場につきっきりで植栽のレイアウトをするのがすっかり私のスタイルになってしまいました。。真夏は年々きついですが(笑)



こちら↑はちょっと大掛かりなエクステリア(外構)リノベーション工事の案件。
建物に相応しいエントランスデザインや植栽、導線などを理解して頂くために、イメージパースをつくることから始めたお仕事です。
やはり最終的にガーデンの植物はお任せということで…雨にも負けずスタイリングさせて頂きました~♪


地被植物や敷き砂利を入れればひとまず完成。
和庭からエレガントな折衷ガーデンに生まれ変わる予定です。来夏、お客様がさらに笑顔になって頂けることを願います♡


CATEGORY:Blog


Copyright©2019 atelier MonDeco All Rights Reserved.