東京〜森美術館。

先月末、東京ビッグサイトで開催された「インテリア ライフスタイル展」に行ってきました。7月2日からオープン予定のWEB SHOPで販売する商品のヒントを探しに。と言いながら写真は「建築の日本展」です(笑)

相変わらず生レポが出来ないところ本当に反省しています(-_-;) で、そちらの方は商品のトピックにでも添えるとして、東京二日目に行った六本木、森美術館で開催中のこちらをご紹介↓

入口には圧巻の木格子。写真をとってもいいコーナーでした。 ミラノ万博2015 日本館で展示されたものだそう。

9つのテーマで日本の木造と建築を紐解いています。

建築や構造のことに詳しくない人でも楽しめる展示になっており、木造の歴史とか建築家の美学とか、原寸大の体感スペースもあります。

個人的には古代出雲大社本殿を現した1/50模型はなんともロマンを感じました。まるで天に昇るがごとく…

あくまでも仮説に基づくものらしいですが、もし本当にこんな建物が存在したならやはり古代には神様がいたのだろうと思います。

こちらは丹下健三氏の自邸を1/3スケールで宮大工さんが再現したもの。四方八方から見られます。マニアにはたまらないですよね~

こんなイラストガイドもあるのでわかりやすい!

六本木ヒルズ・森美術館15周年記念展ということで、9月17日まで開催中です。お子さんにもお薦めしたいと思いました。子供時代にこんな本物に触れるって素晴らしいことだと思います。夏休みにいかがでしょう?  

作品を鑑賞した後は六本木パノラマビューを楽しみました♪

ガラス越しでも足がすくむ見晴らしの良さ(笑)

 

私がときめく壁。


黒。大柄の花。一昨年の展示会で一目惚れしたこの壁紙はオランダの老舗ブランドEijffinger(アイフィンガー)の物。

増築したアトリエのコーナーに貼りました♪ よく見ると蝶や蟻が描かれていて、エレガントな中にある遊び心にとても癒されます。ボタニカルというよりネーチャーのカテゴリー。単に壁紙と言うには余りに美しい図柄と印影…いくら見ていても飽きません

 
参考までに、↑こちらは同柄のカラーバージョン。一転して華やか!油絵のようです。そう、まるで絵画なのです。
 絵画として壁の一部に飾る。そんな風になら気軽に楽しめます。
ときめく壁紙を選ぶだけ^ ^
おすすめです!

セミナー講師というお仕事。

私は現場端のインテリアコーディネーターです。お客様と一緒にものづくりをしていくことが本業。何より自分の能力を活かせる場所だと思っています。お客様のお話しを伺い、咀嚼してご提案し、描いたものを容にしていく。日々の仕事はほぼその流れで動いています。

でもたまにイレギュラーなご依頼があるのです。セミナー講師というお仕事。

「人と話す」というのと「人に伝える」は全く違うものです。限られた時間と空間の中で、何をどのくらいの深さで話したらいいのだろう?私が伝えたいことと、受講される方が聴きたいことの接点はどこにあるだろう?

そんなことを考えながら資料をつくり、また当日の空気を感じながらお話しします。

来てくださった方に何かひとつでもピンとくるものをお持ち帰りいただけたらなぁと思います。

「素敵に暮らしたい、日々を愉しもう」そんな想いに繋がる何かを…

資料はパワポでつくります。これは発表者ビュー↓ かなり細かいカンニングぺーパー付で(笑)助かります^^

実際はこんな風にスクリーンに映し出されます↓

パワポ(Power Point)のおかげで資料の作成はほんとに簡単♪でも時間通りに組み立てたり、写真の見せ方や話し方、ポイントの抑え方など、まだまだ工夫が必要です。

以前は私には向いていない…と思っていましたが、少しでも沢山の方に、暮らしについて考えて頂くきっかけになるなら、セミナーや相談会もやっていきたいと思うようになりました。

暮らしへの気付きをお土産に… そんなセミナーが私のスタイルに出来るよう精進したいと思います。

 

 

「真砂土」を施工。

真砂土=「マサド」といいます。「マサツチ」でも間違いじゃないみたいですが、前者で呼ぶことが多いようです。花壇や庭の敷土、小道の舗装などに使います。

アルカリ性の「マサド」は水をかけると固まり、雑草防止になるため足場として適しています。素性は花崗岩が風化してできた砂、だそう。

今回、プチ増築したアトリエの入口前に何かで一段造る必要があったのですが、コンクリートじゃ芸がないし、煉瓦並べるのも平凡だしなぁ…と思い、前から気になっていた真砂土を、nono庭⁺チームに施工してもらうことにしました。

ほんとにさらさらの砂を敷き込んで、霧吹きでたっぷり水をかけているところです↓

深く浸透し、固まるのを待つ。24時間進入禁止!

もともとあったアプローチの敷石とも繋がりナチュラルに仕上がり大満足です。足元に植える下草を何にしようかな…?と愉しみなゴールデンウイークを迎えました♪

椅子をカスタマイズする。


椅子張り生地のサンプルを広げて選んでいるところ。私はこの作業がとても好きです。特別なものを作るような気がしてワクワクします☆*

カーテン生地よりざっくりしていて、カラーバリエーションも豊富なので質の高いクッションにも。

椅子の座面を張り替えたり、ソファをセミオーダーしたり、Mon Decoでは割とよくご提案しています。

椅子は空間の中で一番人の気配がする家具。

ベーシックなデザインでも張生地を変えるだけで、空気が変わります。

椅子、カスタマイズしてみませんか?

 

輸入壁紙を学ぶ。

福井の輸入壁紙専門店インテリアライブラリーさんで開催された「壁紙貼り替えます!」に参加しまた。

施工してくださったのは、大阪で活躍される輸入壁紙施工のスペシャリストWALLS中田さん。さわやかでとってもおしゃれな職人さんです↓

それぞれの素材にあったノリの付け方や、美しいパターンの並びを考えた割り付け、施工上の注意点などなど…

美しいモノをより美しく魅せるための技術と真摯な姿勢が素晴らしい!そして輸入壁紙ってなかなか奥が深い世界(*^^*)

これは貼りたてほやほや我が家のクロスです↓

㈱テーシードカセリオ(フランス)

教わったことを忘れないうちに、今度は自分でも貼ってみたいなぁと思います!

プチ増築と想い出のライラック。

アトリエ前の庭を長年「decoの庭」と呼んでいます。

写真はライラックが一番美しかった8年程前の一枚。今はかなり弱ってしまい(植物にも寿命や体力があるのですね)回復できなさそうです。

「最後にもうひと花咲かせる」と言いますが、一昨年がそうだったような気がしています…長いこと愉しませてくれてありがとう♡

そしてこれが現在のアトリエの様子。庭はまだ色づいていませんが、プチ増築工事が始まりました!

春の陽気が続いてくれるので大工さんも気持ちよさそうにお仕事してくれています。

建物が出来たら庭を整える予定。今度は何を植えようかな…

小さいスペースですが7月ごろはそれなりに見ごろなので愉しみ♪

ユキヤナギの花が咲き始めました⇓

自宅改装は小休止でしたが(笑)来週からいよいよ内装仕上げに入ります(^:^)

 

 

Top